プロフィール

ミスターW

Author:ミスターW
Address;新潟県
映画と小説と妻と子供を
こよなく愛するオヤジ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
4475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1626位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷い込んだ先に、どこにも到達しない快感

ドイツ生まれの作家W.G.ゼーバルトの遺作となった小説「アウステルリッツ」。


ベルギー、イギリス、チェコ共和国、フランス 等のヨーロッパを各地を舞台に、主人公アウステルリッツが、自らの生い立ちを探求する物語です。

特に難解な表現や言葉が無いにもかかわらず、へんに読みづらいと感じました。
昨年末に読み始めたものの「読み終えるまでは年は越せないゾ」と、七転八倒しながらページをめくったものです。

本書の特徴は、挿入されている多くの写真です。
場面に合わせて関連するそれらの写真が目の前に出現するさまは、まるで一種のドキュメンタリーを思わせる作風です。

そのため、第二次世界大戦中にユダヤ人を強制的に送り込んだ居住区(ゲットー)や、公文書館を調査しながら、主人公が両親のルーツを辿るという後半の山場が、とてもリアルな緊張感をもち、読むものに迫ってきます。

読み終わる頃には、文章や構成の巧みさに、その独自の世界の彩りに迷い込み「こんな個性的な小説があるんだな」と、ため息が出ました。


スポンサーサイト

コメント

私のブログにご訪問して頂き、有難う御座いました。
私もブログみて、「この本読んでみよう」と思い本もあります。
自分の読んだ本に興味を持っていただけるのは、嬉しいものですね。
2011-02-07 17:41 図書館で本を借りている者です。 #- URL [ 編集 ]

ブログご訪問、感謝しています

コメントありがとうございます。
わたしもこれから図書館へ通い、本探しでもしようかな?
これまで正直、ミステリー&純文学一辺倒でしたが、他のジャンルにも挑戦します。
良い小説があったら、教えてください。
では。
2011-02-07 18:27 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://mizou999.blog98.fc2.com/tb.php/19-08ec9d96

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。