プロフィール

ミスターW

Author:ミスターW
Address;新潟県
映画と小説と妻と子供を
こよなく愛するオヤジ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
2061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
833位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回も余計なところに目がいっちゃいました

映画化もされたアガサ・クリスティーの超有名なミステリー小説「オリエント急行殺人事件」。


これまでに読んだクリスティー作品は「鏡は横にひび割れて」「そして誰もいなくなった」だけで、探偵ポアロものは、なぜか素通りしていました。

昔からこの映画の雰囲気が好きで、いつか原作を読もうと思っていたので、古本屋で原作を買い、今更ながら読んでみました。
やたら登場人物(=容疑者)が多く、頭を整理しながら読み進めるのがシンドイですが、それなりに楽しめました。


閑話休題、実はこの文庫本のカバーを剥ぐと、こんな書名が出現しました。


「オリエント急行殺人事件」ではなく「オリエント急行の殺人」!
("の"が加わり、"事件"が無くなっています)

文庫のカバーって、こんなにいい加減なものなのでしょうか?
(おそらくカバー側は、映画タイトルに合わせたのでしょうけど...)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://mizou999.blog98.fc2.com/tb.php/23-0e86800b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。