プロフィール

ミスターW

Author:ミスターW
Address;新潟県
映画と小説と妻と子供を
こよなく愛するオヤジ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
4417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1624位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯最初に触れた映像作家

1990年代、テレビ「ツイン・ピークス」で日本への海外ドラマ流入の先駆的現象となったデヴィッド・リンチ監督のスリラー映画「ブルーベルベット」。


主人公の青年が帰り道で切り落とされた人間の耳を拾い、ガールフレンドと共に探偵団のごとく、クラブ女性歌手や犯罪組織に探りを入れ、やがて犯罪とアンダーグラウンドな世界へ巻き込まれるというストーリーです。

また俳優デニス・ホッパーが「ファッ○」を連発する狂気の犯罪組織の男フランクを怪演し、話題となりました。

オープニング曲「ブルーベルベット」、ロイ・オービソンの唄「イン・ドリームズ」といった印象的な主題曲が流れるなか、青い空、白いフェンス、赤いバラ、切り落とされた人間の耳、その耳にうごめく小さな虫たち、こういった音と映像が洪水のごとく観客に降り注がれます。

ヒッチコックと江戸川乱歩を足して2で割り、導火線に火を放ったような映画。
当時二十歳だった私は、スクリーンを前にして、完全にノックアウトされたことは言うまでもありません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://mizou999.blog98.fc2.com/tb.php/37-6ba66b1b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。